Investor Relations

ニュース

2021/07/26

  • プレスリリース

大川原脳神経外科病院 医療費用保証商品を導入 ~『連帯保証人代行制度スマホス』~

PDFをダウンロードする

株式会社イントラスト(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 桑原 豊 以下「イントラスト」)の『連帯保証人代行制度スマホス』(以下『スマホス』)が、医療法人社団 医修会 大川原脳神経外科病院(所在地:北海道室蘭市 理事長:大川原 淳 以下「大川原脳神経外科病院」)に採用され、運用を開始いたしました。

【大川原脳神経外科病院について】(2021年7月時点)
病 院 名:医療法人社団 医修会 大川原脳神経外科病院
理 事 長:大川原 淳
開  設:1970年5月
所 在 地:北海道室蘭市
病 床 数:137 床

「誠意をもってことにあたり、医療を軸に地域社会に貢献します。みなさまの立場と権利を尊重します。人間性の豊かな、質の高い医療人を育成します。」を理念に掲げ、急性期から在宅までを柱として地域に根ざした医療の展開を行っている病院です。

【 『スマホス』について 】
入院患者様の連帯保証人をイントラストが引受け、医療機関様における医療費の滞納リスクを保証する商品です。

入院患者様は本来必要となる連帯保証人を用意することなくご入院いただけるようになります。

医療機関様は本制度の導入により、医療費の未収金問題の解決ならびに、回収業務の負担軽減が可能となります。

今後もイントラストは総合保証サービスのリーディングカンパニーとして専門性や
ノウハウを最大限活用し、ビジネスの拡大を図って参ります。