事業内容

Business

養育費保証

ひとり親家庭と子どもの成長を応援します

養育費を支払う方の連帯保証人をイントラストがお引き受けし、万が一未払いが生じた際には
養育費を受け取る方へイントラストが立替えてお支払いいたします。
本保証により、立替金はイントラストの債権となるため、ご自身で催促する必要がなくなります。

養育費保証の仕組み

養育費で悩まない、
安心の家庭環境づくりを

離婚によるひとり親世帯数は全国で約140万世帯。厚生労働省が公表する「平成28年国民生活基礎調査の概況」の「各種世帯の所得等の状況」によると、ひとり親世帯の半数以上は相対的貧困で、さらにそのうち約70%が養育費を受け取れていないという現状です。

養育費を支払うことは親としての義務であり、離婚後その義務が免除されることはありません。しかし、支払いに関する法律が整備されておらず、個人の取り決めによって支払い・受け取りを進めていくほかありません。

私たちは、養育費の未払いを予防・解消するサービスやWebメディアによるさまざまな情報提供などを通じ、子どもが安心して成長できるひとり親家庭環境づくりに貢献します。

自治体・士業の皆さまへ

イントラストは、全国の自治体や弁護士、行政書士の皆さまと、未払い養育費の問題解消に向けてさまざまな取り組みを行っています。これまでの取り組み事例や、メリットなどをご紹介します。

⾃治体との取り組み事例

明石市とのパイロット事業
2018年より、未払い養育費の問題解消に積極的な明石市と養育費立替パイロット事業を実施。本事業の検証結果は、2020年1月から開始した法務大臣養育費勉強会でも報告され、養育費に関する法制度整備の機運が高まるきっかけの一つとなる。
養育費保証事業の推進
2020年4月時点で全国8自治体しか採用していなかった養育費保証促進事業は、2021年4月時点で40自治体に拡大。イントラストの養育費保証を基本モデルとして、今後も全国に広がってゆく見込み。
養育費の取り決め促進
行政書士との連携による取り決めの相談窓口(オンライン)の設置や、連携している弁護士と勉強会などを開催。

<自治体・士業の皆さまの
ご利用メリット>

● 自治体さま
ひとり親に対する養育費の履行確保といった施策が導入できます
● ⼠業さま
養育費支払いの実効性が向上します/離婚時の条件交渉がスムーズになります

<イントラストにできること>

養育費保証促進事業の設計/養育費保証の商品内容や実績のご説明/各自治体の事例 紹介/養育費、養育費保証に関する勉強会の開催/養育費に関連した連携協定、業務委託契約の締結/代理店契約などの締結(企業さま、個人事業主さま)など

イントラストが選ばれる理由

イントラストは、日本で最初に養育費保証を開始した、督促・回収の豊富なノウハウを有する保証会社です。弊社が第三者として介入することで、保証開始後は順調な支払率を推移しています。

イントラストの養育費保証
3つの特長

未払いが発生しても、翌月から養育費を受けることができます。
相手が転職や失業などで一定期間支払えない時期も安心です。
未払いが発生しても、
ご自分で催促する必要はありません。
元パートナーには弊社からご連絡しますので、わずらわしい催促のストレスから解放されます。
未払いの抑制効果が
あります。
第三者(弊社)が継続的に丁寧な催促をすることで、未払いの抑制に効果があることが実証されています。

養育費保証
ご利用者さまの声

養育費保証をご利用いただいている
お客さまの声をご紹介します。

A・Yさま 30代女性 お子さま1人

調停委員を通じての交渉で、安心して契約できました。

子どもが3歳の時に離婚しましたが、養育費が⽀払われなくなるという話をよく聞いていたので不安でした。そこでイントラストに相談したところ、「離婚調停の際に調停委員の方を通じて主⼈に保証の申込みを相談しては」との提案をいただきました。調停委員の方に間へ入ってもらうことで相手の理解をスムーズに得られ、保証を契約することができました。
R・Fさま 40代女性 お子さま3人

早めに手を打ったことで、未払いが解決!

離婚7ヵ月目に突然振り込みがなくなり、連絡をしたら「転職したので支払いが難しくなった」と言われ困っていました。養育費保証を利用してからもしばらく未払いが続きましたが、イントラストが代わりに立て替えてくれたのでお金に困ることはありませんでした。3~4ヵ月後から立て替えてもらった分の養育費も少しずつ支払われるようになり、ほっとしています。養育費の支払いは滞納が長びくほど支払われない可能性も高くなるようなので、早めに手を打つことが大事だと思いました。
H・Nさま 40代女性 お子さま3人

イントラストが代わりに連絡してくれて、ストレスが減りました。

公正証書で取り決めをしたのに、離婚後すぐ支払いが遅れがちに。催促すれば払ってくれてはいましたが、いちいち言うのも気が引け、ストレスを感じていました。でも、養育費保証を利用してからはイントラストが間に入って連絡してくれるので、ストレスが緩和。養育費も期日までにしっかり支払われるようになりました。
Y・Kさま 30代男性 お子さま2人

養育費保証があったおかげで、円満離婚へ。

養育費を払う立場でしたが、私の両親を養育費支払いの連帯保証人とすることを元配偶者から要望されたものの、両親からは断られ、離婚交渉が難航。そのときにネットで養育費保証の事を知り、元配偶者の理解を得るためにイントラストから元配偶者に直接説明してもらいました。おかげで無事理解を得られ、円満な離婚につながり感謝しています。

養育費の未払いで悩む、
ひとり親の皆さまへ

養育費の支払いを受ける方へ

現在、離婚される際に養育費支払いの取り決めをしているケースは全体の半分以下、さらに実際に養育費を受け取っているのはそのまた半分以下で、全体から見るとわずか4分の1以下と言われています。

取り決めをしていても、結果的に未払いとなり養育費を受け取ることができず、悩んでいるひとり親のみなさまの苦しさは大変なものがあるのではないでしょうか。

深刻な状況ではないとしても、支払いが滞ったとき、相手の方と話をするのは決して愉快なことではなく、少なからずエネルギーを消耗し、気が滅入ってしまうこともあるでしょう。

養育費の取り決めについては法律で定められておらず、特に協議離婚の場合は当事者間で取り決めをするしかありません。未払いが起きたときや、滞納が続いている場合には、公的な書類で取り決めていれば法的手続を依頼することができます。しかしその手続きは煩雑で、弁護士に依頼するのであれば弁護士費用もかかり、成功したとしても受け取りまでに時間もかかるのが難点です。

イントラストの養育費保証は、比較的安価な保証料で養育費の受け取りを保証(立替)し、本来支払う方への督促まで実施することで、お子さまと皆さまの日々の生活を応援します。

養育費を支払う方へ

養育費の支払いは、お子さまの将来のためのものとはいえ、期日通りの支払いが難しいタイミングもあるのではないでしょうか。お子さまのために支払う意思はあるのに、やむをえない事情で滞ってしまい、お子さまと顔を合わせる機会が減ってしまう……といったケースもしばしば耳にします。

イントラストの養育費保証は、万が一の場合に養育費を立て替えてお支払いし、離婚後もお子さまの成長と健康を願うあなたを応援します。

養育費保証に関する
お問い合わせ

養育費保証公式SNS

シングルマザー向け
情報提供メディア「SiN」

シングルマザーの皆さまがご自身と子どもとの人生を楽しむための情報マガジンです。

養育費の問題解決に止まらず、生活のコツやニュース、ひとり親家庭にまつわる課題などを、風通し良くフラットに発信しています。

詳しくはこちら

よういくひを
知る会

イントラストでは、4月19日を『養育費を知る日』として
一般社団法人日本記念日協会から認定をうけ、当該日付において「よういくひを知る会」というイベントを開催しています。これまで養育費の未払い問題や、子どもの貧困問題に携わってきた支援者の方々の講演やトークセッションを通じて、「養育費の今」を皆さまに発信しています。

開催概要
2021/04/19開催場所

YouTubeによるLive配信

2020/04/17開催場所

※コロナのため中止

2019/04/19開催場所

千代田区九段南4-7-22 TKPスター貸会議室 市ヶ谷