Investor Relations

ニュース

2021/07/06

  • プレスリリース

大船中央病院 医療費用保証商品を導入~『連帯保証人代行制度スマホス』~

PDFをダウンロードする

株式会社イントラスト(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 桑原 豊 以下「イントラスト」)の『連帯保証人代行制度スマホス』(以下『スマホス』)および通院にも対応した『スマホス+』が、社会医療法人財団互恵会 大船中央病院(所在地:神奈川県鎌倉市 理事長:雨宮 厚 以下「大船中央病院」)に採用され、運用を開始いたしました。

【大船中央病院について】(2021年7月時点)
病 院 名:社会医療法人財団互恵会 大船中央病院
理 事 長:雨宮 厚
開   設:1952年8月
所 在 地:神奈川県鎌倉市
病 床 数:285 床

「地域に根ざした。地域に愛され信頼される。安心して医療が受けられる。」病院であり続けることを心がけ、高度な医療を提供できる体制を整えていることに加え、地域と連携して総合的な地域包括医療を推進している病院です。

【『スマホス』について】
入院患者様の連帯保証人をイントラストが引受け、医療機関様における医療費の滞納リスクを保証する商品です。

入院患者様は本来必要となる連帯保証人を用意することなくご入院いただけるようになります。

医療機関様は本制度の導入により、医療費の未収金問題の解決ならびに、回収業務の負担軽減が可能となります。

今後もイントラストは総合保証サービスのリーディングカンパニーとして専門性や
ノウハウを最大限活用し、ビジネスの拡大を図って参ります。